1. 紙・帳面・書籍などで、普通のものより紙の寸法の大きいもの。「大判の日記帳」

  1. 安土桃山・江戸時代の大形の楕円形の金貨。表裏に「拾両」などと墨書し、通貨としてよりも賜与・贈答などに用いられることが多かった。大判金。→小判

出典:青空文庫

出典:gooニュース