• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天魔波旬の解説 - 学研 四字辞典熟語

仏教のことばで、人の命や善根を絶つ悪魔。他化自在天(第六天)の魔王のこと。
注記
「波旬」は、サンスクリット語 P{上-a}p{上-i}yas の音訳で、悪者の意。
用例
見渡せば正面に唐錦からにしきの茵しとねを敷ける上に、沈香ぢんかうの脇息けふそくに身を持たせ、解脱同相げだつどうさうの三衣さんえの下したに天魔波旬てんまはじゆんの慾情を去りやらず、一門の榮華を三世の命いのちとせる入道清盛…。〈高山樗牛・瀧口入道〉

キーワード[悪]の四字熟語