地球の公転運動すなわち1太陽年を基本単位にした暦。エジプト暦に始まり、ユリウス暦グレゴリオ暦と改良され、現在世界各国で使用。1年を365日とし、西暦年数が4で割り切れる年を閏年 (うるうどし) とするが、100の倍数になる年は400の倍数でない限り平年とする。日本では明治6年(1873)から太陰太陽暦に替わって採用し、新暦ともよぶ。陽暦。→太陰暦

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉

出典:青空文庫