江戸時代、街道の要所要所にあり、旅行者の宿泊・休息のための宿屋・茶屋や、人馬の継ぎ立てをする設備をもった所。宿駅。しゅく。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫