• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日本画の流派の一。岸駒 (がんく) を祖として、江戸後期から明治期に栄えた。各流派を折衷し、あくの強い独特の写生画風で知られる。主な画家は、岸駒の長男岸岱 (がんたい) 、河村文鳳 (かわむらぶんぽう) ・横山華山。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉