• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

室町時代以来の御用蒔絵 (まきえ) 師の流派。初代土岐四郎左衛門道長は足利義政の近習となり、入道して幸阿弥を名のる。以後、子孫はそれを家名とし、19代まで続いた。