阿弥陀仏の名号 (みょうごう) や経文などを、高低・緩急などの曲節をつけて唱えること。いんぜ。いんじょう。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉