《珠 (たま) を一つ繰るごとに念仏を唱えるところから》数珠 (じゅず) 。ねんず。

出典:青空文庫