• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動マ四]深く思い込む。強く決心する。
    1. 「いとかりそめに入りし山の、やがて出でじとさへ―・みぬ」〈幻住庵記

[動マ下二]深く心中に思う。深くかわいがる。
    1. 「子ども多くはべれど、これはさまことに―・めたる者にはべり」〈・東屋〉