• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

連歌・連句で、恋を詠み込んだ句。特に付句についていい、連句の中で変化をつける働きをする句。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉