【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

[動ラ五(四)]

  1. 相手好意などに対して、ありがたいと思う。恐縮する。「ご厚情のほど—・ります」

  1. 相手に失礼したり、迷惑をかけたりしたことに対して、申し訳なく思う。「恐れ入りますが」の形で、ものを頼んだり尋ねたりするときなどのあいさつの言葉としても用いる。恐縮する。「ご心配をおかけして—・ります」

  1. あまりのことに驚き入るばかりである。

    1. 相手才能力量に太刀打ちできないと思う。脱帽する。「—・った腕前だ」

    2. 物事のひどさにあきれる。「あれで秀才とは—・るよ」

  1. 非常にこわがる。

    1. 「この法師いよいよ—・りたり」〈著聞集・一七〉

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。