[形][文]にく・し[ク]
  1. そのものに強い抵抗感・不快感を抱くさま。許しがたく思って嫌うさま。にくらしい。「冷酷な犯人が―・い」「不正を許す社会が―・い」

  1. (しゃくにさわるほどすぐれている、の意で反語的に)感心すべきである。たいそう好ましい。「なかなか―・い趣向だ」「―・いことを言うね」「三拍子そろった―・い選手」

  1. 見苦しい。みっともない。

    1. 「―・き顔を鼻などうち赤めつつ」〈・松風〉

  1. 気がひける。はしたない。

    1. 「我ながら―・き心かなと」〈・宿木〉

[派生]にくがる[動ラ五]にくげ[形動]にくさ[名]

出典:青空文庫