• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中世、荘園の本所職・名主職、寺社の別当職、鋳物師職などの職務。のち、物権化し、相続・質入れ・売買などの対象となった。