常に身から離さずに持っていて、読誦 (どくじゅ) する経文。法華経をさすことが多い。