[動ラ五(四)]

  1. 手足の感覚などをたよりにして、目に見えないものをさがし求める。「小銭がないかとポケットを―・る」「暗闇を―・る」

  1. 相手の考えやようす・動きなどを、それとなく調べる。「敵情を―・る」「―・るような目つき」

  1. 未知の物事を明らかにするために観察したり調査したりする。探求する。「語源を―・る」「事故の原因を―・る」

  1. 考えられる最もよいやり方をさがす。「解決の糸口を―・る」

  1. 人に知られていない土地や景色などをさがし求める。美しい景色などをたずねて楽しむ。探訪する。「秘境を―・る」「古都の秋を―・る」

[可能]さぐれる

出典:青空文庫

出典:gooニュース