• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「かきともし」の音変化》油火を用いるあかり。特に清涼殿夜の御殿 (おとど) の四隅にともした灯籠 (とうろう) のことをいう。

「夜御殿のをば、―とうよなどいふ、まためでたし」〈徒然・二三〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉