• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ひいきの遊女や役者の紋を自分の紋と並べて衣服につけること。また、その紋。

「上には卵色の縮緬に思ひ入れの―」〈浮・一代男・七〉