旧制度の社格の一。郷社 (ごうしゃ) の下、無格社の上。多くは村の鎮守の社などが列格され、社掌 (しゃしょう) が置かれていた。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉