• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

京都市街地を南北に走る道路の呼び名。西洞院通り油小路通りに挟まれた小路。全長約1.5キロ。豊臣秀吉によって新設されたといわれる。五条天神社(別名、天使社)の境内を貫通してつくられたことから、天使突抜 (てんしつきぬけ) 通りともよばれる。