白玉粉・砂糖・小麦粉を練って薄く焼いた皮にあんを入れて巻き、塩漬けにした桜の葉で包んだ和菓子。江戸時代から東京向島長命寺のものが有名。関西では道明寺糒 (どうみょうじほしい) を蒸したものであんを包み、桜の葉で巻くものが多い。 春》「とりわくるときの香もこそ―/万太郎