• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 目じるし。また、目標。

    1. 「衆目の―になりたい」〈蘆花思出の記

  1. 朝廷の公事 (くじ) のとき、百官の席次を定めたしるしの白木。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉