• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 機械に与えられたエネルギーと、機械が有効な仕事をするエネルギーとの比。

  1. ピストン式内燃機関などで、実際にクランク軸から取り出される正味仕事と、燃焼ガスがシリンダー内で行う図示仕事との比。両者の差が機械損失で、摩擦などによって失われる。