• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三十六歌仙などの肖像を描き、これにその代表的な和歌を書き添えたもの。鎌倉時代、似絵 (にせえ) の一ジャンルとして最も盛行し、佐竹本三十六歌仙絵巻などが代表作。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉