• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

沖縄県、沖縄本島中部を流れる、同島最大の流域面積をもつ川。読谷山 (よみたんさん) 岳(標高236メートル)に源を発し、台地を貫流して中頭 (なかがみ) 郡嘉手納 (かでな) 町を通り読谷村渡具知 (とぐち) で東シナ海に注ぐ。長さ18.5キロ。本島南部の水源として利用。

[地理/日本地名/九州]カテゴリの言葉