• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

重大な災害が起こるおそれがある気象の状態のときに、気象台が発表する警報。大雨警報・洪水警報・大雪警報・暴風警報・暴風雪警報・波浪警報・高潮警報の7種類がある。→気象注意報

[補説]十年に一度しか起こらないような猛烈な豪雨や暴風など、通常の警報の発表基準をはるかに超える異常な気象現象が予想される場合は、「大雨特別警報」などの特別警報が発表される。