1. つま先だけが地面につき、かかとが上がっている状態。相撲などでもいう。

    1. 「砂でざらざらする青畳の上を―で歩きながら」〈秋声・足迹〉

  1. 落ち着かないさま。逃げ足・逃げ腰となること。

    1. 「一家が総て―になってそわそわして居た」〈花袋・生〉

  1. 取引で、相場が変動して定まらず、下落傾向になること。また、相場の状況が乱れていること。

出典:青空文庫