[動ラ五(四)]

  1. 水中から水面に現れ出る。「難破船が―・る」

  1. 空中に持ち上がる。今までついていた地面などとの間にすきまができる。「気球が―・る」「地震で土台が―・る」

  1. 周囲から遊離して形・輪郭などがはっきりと現れる。きわだつ。「富士山が青空に―・って見える」

  1. 隠れていた物事が表に現れる。うかびあがる。

    1. 「突然妙な事が己の記憶から―・った」〈鴎外青年

  1. 苦しい状態から抜け出る。うかびあがる。「下積みから―・る」

  1. 集団の中で周りの者の理解が得られず孤立する。「幹部の考えは一般組合員から―・っている」

  1. 気持ちがうわつく。軽はずみになる。

    1. 「軽部の心をそのとき―・らせてしまったのに違いないのだ」〈横光機械

出典:青空文庫