[動ラ五(四)]

  1. しだいに消えてなくなる。「―・るような声」「夜の闇に―・る人影」

  1. 悲しさ、恥ずかしさなどのために人心地がなくなる。どうしてよいのか、身をもてあます。

    1. 「―・りつつ、えも言ひやらねば」〈・九〇〉

  1. 気を失う。

    1. 「夜べ俄 (にはか) に―・る人の侍りしにより」〈・真木柱〉

  1. 息が絶える。死ぬ。

    1. 「年老い、病して、死ぬる刻みになりて、念仏して―・らんとす」〈宇治拾遺・四〉

出典:青空文庫