[動ラ五(四)]《古くは「くくる」とも》
  1. 物の下や狭い間・中を、姿勢を低くして通って向こう側へ出る。また、門やトンネルなどを通り抜ける。「暖簾 (のれん) を―・って店に入る」「障害物競走ではしごを―・る」「校門を―・る」

  1. 水の中にもぐる。「海に―・って魚貝をとる」

  1. 簡単に通り抜けることができない所を巧みにごまかして通る。厳しい監視や規律などのすきをねらって事を行う。「法の網を―・る」

  1. 困難や危険の中を何とか切り抜けていく。「火炎を―・って脱出する」「砲煙弾雨の下を―・る」

[可能]くぐれる

出典:青空文庫