• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

俳諧の点者が、連句・発句の句帳に評点として押す印形。点者各自が独自のものを数個もち、それぞれ点数を定めて使い分けた。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉