1. 連歌俳諧川柳などで、作品の優劣を判じ、評点を加える人。判者。

  1. 宮中歌会始めに、選の決裁に当たる人。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫