川柳の解説 - 小学館 大辞泉

江戸中期に発生した雑俳の一。前句付け付句が独立した17字の短詩で、その代表的な点者であった初世柄井川柳の名による。季語切れ字などの制約はなく、口語を用い、人生の機微や世相・風俗をこっけいに、また風刺的に描写するのが特色。川柳点。狂句。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース