• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉初期、後鳥羽上皇熊野行幸に際して催された歌会で書かれた和歌の懐紙。三十数枚が残存し、当時の代表的歌人の仮名筆跡を多く含む。