弗素 (ふっそ) 塩素を含むカルシウム燐酸塩鉱物。ふつう無色透明であるが、ときに白色・淡青色・淡緑色・黄色などを呈し、ガラス光沢がある。柱状・板状の結晶または粒状。六方晶系の原料鉱石。肥料・医薬などに利用。アパタイト。

[地学/地学の言葉]カテゴリの言葉