狐のすむ穴。

[補説]狂言名別項。→狐塚

狂言。田へ鳥追いにやらされた太郎冠者が、夜になって臆病になり、見舞いに来た主人と次郎冠者を狐と思い込んで縛る。

出典:青空文庫