[名・形動]

  1. 《「数」は等級の意》普通とは違った待遇。特別の恩恵。

  1. 他に例のないこと。めったにないこと。また、そのさま。異例。

    1. 「地主と半々に分けるところは―なくらいだ」〈藤村千曲川のスケッチ