• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Casa de Alfeñique》メキシコ中東部、プエブラ州の都市プエブラにある建物。旧市街に位置する。18世紀にスペインの副王の迎賓館としてバロック様式で建造。名称は、外観の赤のタイルと白の窓枠の装飾が砂糖菓子に見えることに由来する。現在は、植民地時代の工芸品などを展示する博物館になっている。