• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

桜庭一樹の小説。平成16年(2004)刊。家庭環境の異なる思春期の少女二人の交流と、残酷な末路を描く。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。