• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言。舞狂言。旅の僧が京都五条油小路の庵 (あん) で雨宿りしていると、狂死した傘張り祐善の亡霊が現れ、最後のありさまを謡い舞う。