中国明末の崇禎 (すうてい) 年間(1628~1644)、日本の茶人の注文により景徳鎮窯で作られたといわれる染め付け磁器。精白の素地 (きじ) に、鮮やかな青藍色で模様を施す。「五良大甫呉祥瑞造」の銘があるところからつけられた名称。明末から清初にかけて焼かれた。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

出典:青空文庫