素地 (きじ) のガラス質が磁化して半透明となり、吸水性のない硬質の焼き物。陶器より高火度で焼かれ、たたくと金属的な音がする。中国で創製され、日本では江戸初期の有田焼に始まる。→陶磁器

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

出典:青空文庫