粘土を焼成して作った素焼きの器物。陶器磁器に比べ、一般に焼成火度は低い。古くから世界各地で見られ、日本では縄文土器弥生土器土師器 (はじき) がある。出土した層や器形・文様などから考古学上の重要な資料となっている。かわらけ。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫