• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

弥生文化の土器。東京都の弥生町貝塚で発見された土器が機縁となって命名。セ氏600~800度程度で焼成した赤焼き軟質土器で、貯蔵用の壺、深鍋としての甕 (かめ) 、盛りつけ用の鉢・高坏 (たかつき) などがある。西日本のものは簡素な装飾をもち、東日本では縄文や曲線文様を複雑に飾る。弥生式土器。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉