• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古墳時代から平安時代にかけて用いられた素焼きの土器。赤褐色か黄褐色で、文様がない。多くは轆轤 (ろくろ) ・窯 (かま) を用いずに焼成。煮炊き用・食器として用いられ、5世紀以降は須恵器と併用。土師部 (はじべ) が焼いたところからの名。