[動ラ五(四)]

  1. 物が次々に重なって高くなる。一面に多くたまる。「雪が―・る」「ほこりが―・る」

  1. 物事が少しずつたまって多くなる。次々と加わってふえる。「不平が―・る」「―・る思い」「―・る話」

  1. 時や日が重なる。時間が経過する。「日数が―・る」

  1. あらかじめ計算をして見当をつける。値段・数量などを概算する。見積もる。「工事費を―・ってみる」「安く―・っても一万円をくだらない品」

  1. 推測する。おしはかる。「人の心を―・る」

  1. 酒宴で、この酌で終わりにする。おつもりにする。

    1. 「盃の手もとへよるの雪の酒―・る―・ると言ひながら飲む」〈徳和歌後万載集・四〉

  1. 見抜いてだます。見くびってばかにする。

    1. 「さりとは憎いと言はうか、―・られたと申さうか」〈浮・万金丹・三〉

出典:青空文庫