• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歌舞伎舞踊。常磐津 (ときわず) 。宝田寿来作詞、初世鳥羽屋里長作曲。天明4年(1784)江戸桐座初演。逢坂山の関で良岑宗貞 (よしみねのむねさだ) と小野小町との恋語りののち、関守関兵衛(実は大伴黒主)が墨染桜を切ろうとして桜の精に素姓を見破られる。通称「関の扉」。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉