1. リュウゼツラン科の常緑多年草。葉は根元から叢生 (そうせい) し、長さ1~2メートル、剣状で肉が厚く、縁にとげがある。開花は約60年に一度という。高さ7~8メートルの花茎を伸ばし、黄緑色の花を円錐状につけて咲き、結実後枯れる。メキシコの原産。アオノリュウゼツランともいい、狭義には葉に白または黄色の縁どりのあるものをさす。観賞用。 夏》「―朝焼雲は洋に立つ/草田男

  1. リュウゼツラン科アガベ属の植物の総称。南北アメリカに分布。メキシコでは茎などの汁からテキーラプルケなどの酒を造り、熱帯地方では葉の繊維を利用して織物や綱を作る。

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語

出典:青空文庫