リュウゼツランの茎をしぼった液を発酵させ、蒸留してつくった無色透明の酒。メキシコ産で、酒精度は40度くらい。テキーラ酒を産したメキシコの地名にちなむ。
(Tequila)メキシコ中西部、ハリスコ州の都市。グアダラハラの北西約55キロメートルに位置する。蒸留酒テキーラの産地。原料となるアガベ畑が広がり、2006年に、近隣のアマティタンやエル‐アレナルにある農園・醸造所・酒場などとともに、「テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[地理/外国地名/中央・南アメリカ]カテゴリの言葉

[生活/料理]カテゴリの言葉