1. 筒井をかこむ、わく。

  1. 《伊勢物語・二三の「筒井つの井筒にかけしまろがたけ過ぎにけらしな妹 (いも) 見ざるまに」の歌から》幼ともだち。幼なじみ。

    1. 「―の昔しもふるけれど、振わけ髪のおさなだちより馴れて」〈一葉・花ごもり〉

出典:青空文庫