• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

弥生時代から古墳時代にかけて用いられた装飾用の玉の一種。碧玉 (へきぎょく) 製で円筒の細長い玉。長さ1~5センチ。穴に糸を通して多数つなぎ、主に首飾りにする。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉